思い出の振袖を着る

よくあるお悩み

長年たんすにしまわれていたきものは、裏地が黄変したり、残っていた汚れが浮き出してしみになったり、湿気が多いとカビが生えてしまうこともあります。裏地は新しいものに変えることができます。しみや黄変などのお手入れは、地元倉敷の呉服専門の悉皆屋さんにお任せしています。古いしみでも、目立たないほど薄くできる場合が多いので、お困りのときはご相談ください。

最近はお母様より娘さんの身長の方が高いことがほとんど。そのまま着ると袖や裾が短かったということもよくあります。縫い代に余裕があればほどいて縫直し、娘さんのサイズに合わせることができます。長ければもちろん短くすることもできます。縫直しには3週間~2ヶ月かかります。気になった方は早めに確認してみてください。

合わせる小物や帯で、振袖のイメージはがらりと変わります。デザインの変化が一番大きいのが小物なので、小物をあなたらしいコーディネートに変えれば、新しい振袖にも負けません。職人技を尽くしてつくられたきものは何年経っても古臭いということはなく、かえって今の振袖より手の込んだものが多くありました。最近は伝統的な色柄やレトロな雰囲気の振袖が人気です。まずはお店でコーディネートを試してみてください。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
 

ギャラリー

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

  ご予約は1日限定3組とさせていただきます。

お電話でのご予約・お問い合わせ

午前10時〜午後6時30分まで(水曜定休)

ご予約の際は来店の3日前までに電話か予約フォームからご予約ください。

 


フォームからのご予約・お問い合わせ

毎週水曜日は定休日となっております。

ご来店の2日前以降のご予約は、お電話でお願いいたします。

振袖お下見のご予約・お問い合わせを以下の窓口でお受けしております。
フォームよりご予約・お問い合わせの際は、必ずE-mailアドレスをご記入くださいますよう、お願いいたします。
 

ご来店当日のお願い

・振袖・帯・長襦袢だけでなく、帯揚げや帯締めに伊達衿、伊達締めなどの小物もすべてお持ちください。
 
・お嬢様の服装は、振袖を試着する際に実際の着姿に近づけるために、首元が隠れるタートルネックやフードつきのお洋服は避けてください。スカートやパンツもすっきりしたラインのものがあればそちらをご着用ください。


振袖の写真撮影についてはこちらをご覧ください。

いきさでお選びいただいたお嬢様の晴れ姿です。

きものを着たときの立ち居振る舞いや困ったときのワンポイントなどをお伝えしていきます。 

思い出の振袖を着せたい、着たいと思われている方へ 

髪飾りのご紹介をしていきます。

レンタル・お買上げされた方への特典やサービスをご紹介します。