スタッフBlog

2020.08.06

風呂敷であずま袋づくり

 風呂敷をエコバックに使ってみました。エコバックのサブ選手として使うのはいいけれど、毎回結ぶのはちょっと面倒かもしれません。おしゃれな風呂敷のイメージを損なわずに使うなら、風呂敷をあずま袋にしてしまえばいいのでは…?ネットで調べてみると、風呂敷をあずま袋に縫って使われている方がいました!風呂敷あずま袋はこんな感じに縫うと作れるようです。↓作ってみました。直線縫いだけなので、手順はわかりやすかったです!買い物袋に使うなら風呂敷サイズ縦横100センチ以上はほしいですが、サイズの小さな風呂敷で作ってもお出かけのサブバックによさそうですね!


 
1、まず、風呂敷を対角線でカットします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 

 
2、写真のように2枚の生地を重ねます(一枚の三角形の頂点がもう一枚の三角形の底辺の中心に来るようにする)
 

 
3、写真の破線部分、生地が重なっているところを縫います
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 

 
4、反対側も同じように、生地を重ねて縫います

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 

 
5、裏面を表にして、底になる部分を縫い代1㎝で縫い合わせます

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 

 
6、ほつれ止めに、底辺の縫い代をバイアステープでくるみながら縫います(直線に縫うのでバイアスではなく直線に裁った生地でも大丈夫です)
テープの端を1.5~2㎝ほど余分に残して、縫い代1㎝(3、の縫い線の上かやや外側を縫うようにすると縫い目がきれいです)で縫い合わせます
 

 
7、バイアステープを写真のように蛇腹に折って、本体を縫い込まないように注意しながら際を縫います。もう片方の端も同じように縫います。
 

 
8、縫い代をくるむようにテープをひっくり返すと、端がきれいに収まりました
 

 
9、ひっくり返したテープの端を直線に縫います
(底の始末をバイアステープを使わず袋縫いでするともっと簡単です。
 

 
10、今回は1m巾の大きな風呂敷で作ったので、マチをつけてみました(ここでは10㎝にしました)
袋の角を底辺を中心に三角形に折りたたんで、チャコペンで印をつけたら直線に縫います
 

 
11、もう片方も同じように縫ったらできあがりです
 

 
肩にかけるとこのくらいの大きさになります
 

2020.07.05

風呂敷エコバック

レジ袋の有料化もあり、最近風呂敷がエコバックとして人気だそうです。なんでも色柄がたくさんあること、小さくたためてかさばらないこと、洗濯機で洗えることから買い物袋代わりに便利!という声がよく聞かれるそう。何年か前は風呂敷がバックやサブバックとして盛り上がっていましたね。買い物がかさばってもちにくい…というときにひとまとめにできて便利でした。ちょっとしたお泊りや引っ越しのときも、衣類をたくさんまとめて運べるので重宝します。ここ数年は純和風や和モダン、レトロなどいろんな色柄の風呂敷が作られていて、並べて見るだけでも楽しいです。
 少し前まで風呂敷は嫁入りに必ず持っていくものでしたし、今でも風呂敷好きの方がときどきプレゼントや自分用に買いに来られます。家に風呂敷がある方は風呂敷エコバック、試してみてはいかがでしょうか。

いきさでも仕入れをしている京都の風呂敷メーカー山田繊維さんのサイトに風呂敷エコバックの作り方が動画でわかりやすく紹介されています。

ymds.co.jp/season/ecobag.htmlむす美ふろしきエコバッグ