白いゆかたに要注意

白っぽい浴衣は透けやすいので、必ず下になにか着てください。


 
生地にもよりますが、白っぽい浴衣は下に着ているものが透けてしまいます。浴衣の下に必ず裾除(すそよけ:巻きスカートのような着物用のペチコート)か、着物スリップ(ワンピースタイプの着物用下着)を着ます。脇汗対策には袖のあるタイプがおすすめです。洋服用のペチコートは汗を吸わない生地のものが多いので、天然素材のものを選びましょう。これだけでも涼しさが変わり、ほどよい透け感で上品な色気を演出してくれます。
 

和装ブラのこと

きれいな胸元をつくる!

和装ブラにはワイヤーやアンダーのカップは入っておらす、凹凸をなだらかに整えてすっきりと上品な胸元を作ってくれます。和装では、なだらかな胸元をつくるためにブラ以外にも、たたんだ手ぬぐいを当てたり、暑い時期でなければ着付け師はよくワタを胸の補正に使います。スポーツブラでも代用できますが、カップのあるものはやめましょう。和装ブラは胸をしっかりと支えてくれるので、年齢を重ねた方や大きな胸の方には和装ブラがおすすめです。

ゆかたに衿芯

ゆかたにも衿芯を入れることでシュッとした衿元になります。


 
汗を吸うとヨレヨレになりがちなゆかたの衿元を助けてくれるのが、きものに必ず使う衿芯です。衿芯(衿カラーとも)には硬さや素材・形にいろいろな種類があります。ゆかたなら柔らかいタイプの衿芯がおすすめです。仕立て上がりの浴衣には衿巾がややせまく、つるりとしたプラスチックの芯は入らないことがあります。その場合はメッシュなど細めの衿芯を選んでください。