お宮参り着

生まれて初めて身につける、お祝いのきもの

お宮参りとは、新しい生命の誕生を感謝し、その子の健やかな成長を祈って産土の神にお参りする習慣です。一般には、男児は生後三十一日、女児は生後三十二日に氏神様にお参りします。地方によって多少習慣の違いはありますが、母子の体調や天気によっておだやかな吉日を選んで参拝するのがいいでしょう。
 


※お宮参り着を先方に贈られる際は、紅白の奉書と水引の特別なお包を承っております。(1,500円+税)