着たあとのひと手間が大切です。

着たあとのお手入れやしまい方によって、着物はいつまでも美しく保つことができます。
汗や雨、汚れは放っておくと変色してしまうので、早めのお手入れが肝心です。

きものを着た後

汚れのチェック

食べこぼしや雨じみ・汗じみがないかチェックします。汗じみは目に見えませんが、シワが寄っているところは汗をかいた可能性があります。

陰干し

ハンガーにかけて日光や蛍光灯の光が当たらないところで半日ほど陰干しします。
色焼けの原因になるので、汚れがなければ干したあとはすばやくしまいましょう。

シミ抜き

汚れやシミがある場合、専門店に頼みます。シーズンオフのお手入れで間に合いますが、しばらく着ることがない場合は早めに見てもらってください。
水や雨によるシミが一番取りにくいため、汚れは乾いたティッシュかハンカチでつまみとるぐらいにしておきましょう。

ゆかたを着た後

汚れのチェック

食べこぼしや雨じみ・汗じみがないかチェックします。汗じみは目に見えませんが、シワが寄っているところは汗をかいたところと思ってください。

汗抜き

汗をかいた部分の下に乾いた布を敷き、その布に汗を移すように水を固く絞ったタオルで上から軽くたたいていきます。うっすら湿った感じになれば大丈夫です。

陰干し

あとは、ハンガーにかけて日光や蛍光灯の光が当たらないところで半日ほど陰干しします。
色焼けの原因になるので、汚れがなければ干したあとはすばやくしまいましょう。

シーズンオフ

ゆかたのシーズンが終わったら、自宅で手洗いか、プロに任せましょう。

①自宅で洗うとき心配なのは、生地の縮みと染料が出て色移りしてしまうこと。特に絞りのゆかたは普通のクリーニングでは絞りがぺったりとのびてふっくらした風合いがなくなってしまうので、心配なものはプロに任せるのも一つです。

②プロにお任せする場合、汗はドライ溶剤では落ちないので必ず水洗いをします。色落ちテストをした後、浴衣用の洗剤を使って押し洗いします。色落ちしやすいものは手早くして、生地の毛羽立ちや痛みを防ぐためブラシは使用しません。水でゆすぎ専用脱水機にかけたら、絞りのものは加減をしながら手でシワを伸ばし、陰干しします。