お宮参り着

生まれて初めて身につける、お祝いのきもの

お宮参りとは、新しい生命の誕生を感謝し、その子の健やかな成長を祈って産土の神にお参りする習慣です。一般には、男児は生後三十一日、女児は生後三十二日に氏神様にお参りします。地方によって多少習慣の違いはありますが、母子の体調や天気によっておだやかな吉日を選んで参拝するのがいいでしょう。
 


※お宮参り着を先方に贈られる際は、紅白の奉書と水引の特別なお包を承っております。(1,500円+税)

 

七五三

お宮参り着の付け紐を取り、大人と同じように帯を結ぶことから、七五三を“紐おとし”と呼んでいました。

成長の節目に衣服を改めて、神社で壮健康運を祈願する行事が七五三です。3歳の男女、5歳の男児、7歳の女児がお参りします。それぞれ、古く公家社会や武家社会で行われていた「髪置き」や「袴着」「帯解き」といった儀式が原型といわれています。


※七五三の展示は6月から始まります。それ以前にご入り用の方は電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。

被布スタイル


着物・長襦袢・被布・草履・巾着がセットになった被布セットは、3歳サイズに揚げがしてありすぐ着られるのでお急ぎの方におすすめします。生地は化繊と表地絹100%のものがあります。
また、数えの3歳でお祝をされる方にはお持ちの宮参り着に被布の単品を合わせる方法もあります。宮参り着の飾り袖を取ってお袖に丸みを付け、揚げをほどこし、お好みの被布を合わせます。

宮参り着の飾り袖を取って袖に丸みをつけるには、通常3週間いただいています。

 

祝い帯スタイル


大人と同じように帯を締める祝い帯スタイルは帯〆・帯揚げ・おたらし・はこせこ(江戸時代武家の女性が正装時身につけた紙入れ。現在は七五三や和装の花嫁が身につけます)もつけて小さなお姫様のようです。「おきもの着たい」女の子なら、こちらのスタイルがおすすめです。
3歳から7歳まで着られる四つ身(よつみ)という仕立て方の着物なら揚げをしてサイズ調整をします。または数えの3歳であれば袖と揚げを直した宮参り着に祝い帯や小物を合わせて着ることができます。

着物と長襦袢の揚げ直しには通常3週間いただいています。

 

羽織袴スタイル


大人と同じように正式な晴れ着である羽織袴を身につけて祝う5歳の七五三。男の子は着物を着る機会が少ないからこそ伝統の衣装で思い出を残していきたいものです。

着物と羽織・長襦袢、身長によっては袴も揚げが必要です。揚げには通常3週間いただいています。

袴スタイル


お姉さん気分の袴スタイル。袴はロングスカートのようになっていて動きやすく、祝い帯スタイルとは違う雰囲気が魅力です。兄弟姉妹が七五三のお祝いのときに着てもすてきです。
 

祝い帯スタイル


7歳のお祝いでは祝い帯スタイルが一番人気です。背も伸びお姉さんらしくなった女の子に大人と同じ帯つけ姿が合います。七五三の帯は作り帯といってあらかじめ結んだ形に作ったものを差し込むタイプが多く見られますが、フォーマル柄の半巾帯や子供用の袋帯を手結びするとちょっと違う雰囲気になってすてきです。

3歳のとき着た着物(四つ身。背縫いがあります)を7歳で着るには揚げをほどいてまた揚げをする揚げ直しが必要です。揚げ直しには通常3週間いただいています。