新作振袖発表

 

格調高い古典柄や大胆に描かれた吉祥文様を鮮やかな洋の色、深みのある和の色で彩った振袖たち。
 


 

松と鞠の豪奢な文様に思わずこころを奪われます


四季の花々と御所車、典雅な古典文様が深い地色に映えます。


手絞り友禅ならではの、格調高く優雅な文様の品格が伝わります。


 
 

 
 

目にも鮮やかなマスタードカラー×大胆な松竹梅


高貴な古代紫で、生命力の象徴である松文様を大胆に染め上げた一枚。

そのほか約200枚の振袖を展示しています。ご試着やコーディネートのご相談、思い出の振袖のシミ抜き・サイズ直しなど、ご相談をお待ちしております。
                                         
振袖レンタルセット    10万円より
振袖ご購入トータルセット 18万円より

よくあるご質問

お下見について

予約がなくともお下見いただけますが、
ひとりひとりのお客様をお迎えし、しっかりと丁寧にご説明とご相談をさせていただくため、なるべくのご予約をお願いしております。

いいえ、全くそんなことはございません。
いきさに気に入る振袖がなかった場合、決して無理なおすすめはいたしません。もしご納得いただける振袖がなかったり、ご予算に合わなかった場合は、気兼ねなさらずお断りいただいて大丈夫です。

以下のような服装が振袖の試着には適しています。
・襟元の詰まった服やタートルネック・フード付きなど、首元が隠れる服は避けてください。
・下は、スカートもパンツもすっきりしたラインのものがあればそちらをご着用ください。

はい、大丈夫です。
どんな小物や帯にするかで着姿の雰囲気も変わってまいります。お嬢様が本当に好きになり、似合うコーディネートにするために、ぜひお嬢様もご一緒にお越し下さい。

振袖の長襦袢や肌着に小物など、あるものは全てお持ちください。
振袖や長襦袢はサイズのチェックに必要です。小物のコーディネートをいろいろ試しますが、使える小物はすべて使います。草履バックは経年劣化で履けない状態になっていることもあるので、こちらもぜひお持ちください。

着用後のお手入れについて

そのままいきさまでお持ちください。たたんだり、汚れのチェックをいたします。
いきさまでお持ちいただければ振袖一式をたたんでからお返しいたします。また、汚れはそのままにしておくと黄変してしまうので、お手入れが必要です。お食事のしみなどあればスタッフまでお知らせください。数年着る予定がない場合は、肌に触れる長襦袢は丸洗いを、振袖は衿と袖口の汚れ落としをおすすめしております。

湿気の少ない、日の当たらないところに保管してください。
湿気はカビや黄変、日光は色焼けの原因になります。なるべく湿気が少ない日陰になるところにしまってください。たんすの中にしまうときは年に1回乾燥している秋に引き出しを開けておくだけでも夏の間にこもった湿気が逃げていきます。しまう場所がないときは衣裳箱に入れてたんすの上に置いておくのもひとつです。その場合も湿気や日光にお気を付けくださいね。


 

思い出の振袖を着せたい、着たいと思われている方へ 

 髪飾りのご紹介をしていきます。 
 

振袖をレンタル・お買上げされた方への特典やサービスをご紹介します。 

振袖の写真撮影についてはこちらをご覧ください。
 

いきさでお選びいただいたお嬢様の晴れ姿です。
 

きものを着たときの立ち居振る舞いや困ったときのワンポイントなどをお伝えしていきます。
 
 
086-422-5755
お問い合わせは お気軽にどうぞ 営業時間 : 10:00~19:00
定休日:水曜日