Q1 : いつ、何を着たらいいの?

お茶の世界などでは袷(裏地が前面についた着物)・単衣・夏物をいつ着るかしっかりとした決まりがありますが、普段のお出かけなどで着られる場合はその時の気候に合わせて、たとえば5月でも絽の着物を着たりします。
結婚式では会場内に空調がきいているため、夏場でも袷の着物の方がたくさんいらっしゃいます。お花や踊りなどで着物を着られるときはその先生によっていろいろなようです。ぜひ同じ教室の方や先生にご相談なさってみてください。
ちょっとわかりにくい夏から秋にかけての着物カレンダーを作りました。参考までにご覧ください。

Q2 : 食事中着物を汚してしまいました。どうしたらいいの?

まず、絹に水が染みるとシミになってしまうので、汚れたところの水洗いはせず乾いたティッシュで汚れをつまみとって、後日お店までお持ちください。化繊の着物であれば袖畳みをして洗濯ネットに入れ、普通に洗濯機で洗っていただいて大丈夫です。着物にガード加工(水をはじく加工)がされていた場合、熱くない液体であれば汚れをはじきますが、油やべっとりした汚れは専用の薬剤による染み抜きが必要です。汚れの大きさによって料金は変わります。見積もりは無料ですのでどうぞいきさスタッフまでご相談ください。